2019.4.28 21:17

ヤクルト・高梨、本拠地神宮で2勝目「本当にうれしいです」

ヤクルト・高梨、本拠地神宮で2勝目「本当にうれしいです」

ヤクルト・高梨=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

ヤクルト・高梨=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト4-2広島、5回戦、ヤクルト4勝1敗、28日、神宮)ヤクルト・高梨裕稔投手(27)が6回5安打無失点8奪三振の好投で2勝目(2敗)を挙げた。

 高梨は二回、先頭の鈴木に左フェンス直撃の二塁打を浴びるなど、1死三塁のピンチを招いたが、安倍を遊飛、野間を二ゴロに抑えピンチを凌いだ。四回は二死から鈴木に中前打と二盗を許したが、西川を131キロフォークで空振りの三振に斬った。

 五回は先頭から連打で無死一、二塁とされたが、石原がスリーバント失敗、代打・バティスタを外いっぱいのフォークで見逃しの三振、田中を右飛びに抑え得点を与えず。六回も無失点で抑えると、裏の攻撃で代打を送られ後続にマウンドを託した。

 打線は二回、荒木2号ソロを放ち先制。三回は青木が5号ソロ、バレンティンが7号ソロで2点を追加。五回に山田が7号ソロと一発攻勢で右腕を援護した。

 ヒーローの高梨は「前回チームに迷惑かけたので、今日はチームを勝たせるピッチングが出来たらなと思っていたので、本当にうれしいです」と笑顔を見せると、五回無死一、二塁のピンチを切り抜けたシーンについて「すごい冷静に投げることができたのが、ああいう結果になったと思います」と胸を張った。

試合結果へ

  • 2回、本塁打を放つヤクルト・荒木=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 3回、本塁打を放つヤクルト・青木=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、本塁打を放つヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 本塁打を打った中村(左)は、四回に広島・長野の打球を追って村上と衝突(撮影・長尾みなみ)
  • 8回を無失点に抑えた近藤(左)に抱きつくヤクルト・青木=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 7回、右二塁打を放つヤクルト・青木=神宮球場(撮影・長尾みなみ)