2019.4.28 16:57

巨人・今村、今季初先発で7回2安打無失点の好投

巨人・今村、今季初先発で7回2安打無失点の好投

先発の巨人・今村=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

先発の巨人・今村=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人・今村信貴投手(25)が28日、DeNA5回戦(東京ドーム)に今季初先発。7回100球を投げ、2安打無失点の好投を見せた。

 「2軍と1軍のレベルは違うかとは思いますけど、やっぱり真っすぐ中心でファームで抑えてきたので、その成果を出せればいいかなと思います」

 試合前にこう意気込んでいた今村。オープン戦中は先発調整していたが、開幕はリリーフとして迎えた。だが、2試合で防御率9・00と本来の投球ができず、7日に出場選手登録を抹消され、ファームで再び先発として調整してきた。イースタン・リーグでは2試合で2勝0敗、防御率1・38。結果を残して、1軍の先発枠をつかみ、この日のマウンドに立った。

 序盤から走者を背負ったが、持ち味の粘りの投球で得点を許さない。4四球を与えたが、安打は大和に打たれた2本のみ。尻上がりに調子を上げ、「先発として1イニングでも投げる大切さというのもわかりましたし、中継ぎに迷惑をかけない、しっかりとした準備で中継ぎに渡したいっていう気持ちが改めて出てきました」との言葉通り、先発としての仕事を全うした。