2019.4.27 18:55

近大・井町がサヨナラ打「何とか投手を助けたい気持ちが強かった」/関西学生

近大・井町がサヨナラ打「何とか投手を助けたい気持ちが強かった」/関西学生

 関西学生野球リーグ第4節第2日(27日、京大1-2x近大、甲子園)近大は捕手の井町がサヨナラ打。1-1の九回1死二塁で中前に殊勲打を運んだ。今季はリード面に苦心し、打率は高くない。それでも、大阪・履正社高時代に寺島(現ヤクルト)とバッテリーを組んで甲子園大会に出場した3年生は、勝負強さを発揮し「何とか投手を助けたい気持ちが強かった」と安堵した。

 昨秋覇者は勝ち点を3に伸ばし、次節は優勝争いのヤマ場となる立命大戦。「ゼロで抑えれば負けない。とにかく連覇できるように」と力を込めた。

試合結果へ試合日程へ