2019.4.27 16:31

巨人・メルセデス、七回途中2失点で降板 チームに流れ呼ぶ粘投

巨人・メルセデス、七回途中2失点で降板 チームに流れ呼ぶ粘投

先発の巨人・メルセデス=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

先発の巨人・メルセデス=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(25)が27日、DeNA4回戦(東京ドーム)に先発。6回1/3を投げ、7安打2失点と役目を果たした。

 武器の動く直球とスライダー、チェンジアップをコースに制球。自慢の制球力で球を操り、DeNA打線のつながりを断った。今季初となる中5日での登板で、チームに流れを呼ぶ粘投。次回登板も中5日になる予定で、七回途中109球でマウンドを降りた。

  • 6回、DeNA・ソトにソロ本塁打を浴びた巨人・メルセデス=東京ドーム(撮影・今野顕)