2019.4.26 05:04(1/3ページ)

D1・近本が起死回生逆転V弾!阪神、九回2死からミラクル3連勝

D1・近本が起死回生逆転V弾!阪神、九回2死からミラクル3連勝

特集:
2019新人情報
近本は九回、逆転3ランを左翼席へ放つ。同期・木浪の犠打失敗も救った(撮影・水島啓輔)

近本は九回、逆転3ランを左翼席へ放つ。同期・木浪の犠打失敗も救った(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-5阪神、6回戦、阪神4勝2敗、25日、横浜)起死回生や! 阪神はDeNAに5-3で逆転勝ち。D1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が九回2死一、三塁で4号逆転3ランを放った。4月中に4発は球団新人初の快挙で、初のヒーローインタビューにも登場。チームは今季初の3連勝で単独5位に浮上し、最下位脱出にも成功。頼もしいルーキーの活躍で、猛虎が波に乗ってきたでぇ~!!

 横浜の夜空に高々と上がった打球は、虎党が待つ左翼席へと吸い込まれた。逆転4号3ランを放った近本は大歓声の中、ダイヤモンドを笑顔で一周。今季2度目の猛打賞に加え、5打席すべてで出塁する活躍で、チームの勝利に貢献した。

 「真っすぐに負けないように、引っ張ろうという気持ちでいきました。スパンと振ったら、あそこにいっていました」

 一回に先制しながら、その後は何度もチャンスをモノにできなかった。七回にDeNAに勝ち越しを許し、2-3で迎えた九回2死一、三塁。あと一人で試合が終わってしまう…。しかもマウンドには守護神・山崎。1球目は外めの直球をファウル。2球目も外めに148キロが来た。鋭く振り抜くと、白球はグングンと伸びて左翼席へ。「(初球を)振りにいくのとファウルでタイミングを合わせるのとでは、全然違う」と即座に対応して、決勝弾につなげた。

【続きを読む】

  • ベンチでは矢野監督(中央)も大喜び。殊勲の近本(背番号5)を出迎えた(手前は糸原)
  • 1回、安打を放つ阪神・近本=横浜スタジアム(撮影・門井聡)
  • 勝利し握手をする、阪神・近本(左)と福留=横浜スタジアム(撮影・門井聡)
  • 笑顔でヒーローインタビューに答える阪神・近本=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 1回、2ランを放つ阪神・大山=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 先発の阪神・岩田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 1回、2点本塁打を放つ阪神・大山=横浜スタジアム(撮影・門井聡)
  • 7回、投球する阪神・能見=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 6回、DeNA・ソトに本塁打を浴びた阪神・岩田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 7回途中で降板する阪神・守屋(中央左)=横浜スタジアム(撮影・門井聡)
  • 8回、投球する阪神・ジョンソン=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • プロ野球評論家・佐々木氏(左)からフォークのアドバイスを受ける阪神・才木(中央は矢野監督)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)