2019.4.26 05:00

【ダンカン】王さんと同じ!近本の時代や~!投手の“揺さぶり”にピクリとも動じず

【ダンカン】

王さんと同じ!近本の時代や~!投手の“揺さぶり”にピクリとも動じず

特集:
ダンカン 虎の通信簿
近本は九回、逆転3ランを左翼席へ放つ。同期・木浪の犠打失敗も救った(撮影・水島啓輔)

近本は九回、逆転3ランを左翼席へ放つ。同期・木浪の犠打失敗も救った(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-5阪神、6回戦、阪神4勝2敗、25日、横浜)虎のドライチルーキー、近本光司が阪神の未来を変えるー!! いや、阪神にとどまらず、日本プロ野球の長い歴史を塗り替える「4割、40本塁打、40盗塁」さえそう遠くない将来にあると、俺は予告しておくのだ!!

 わが阪神3連勝の逆転4号3ランを、ハマの守護神・山崎からほうり込んだ近本!! いや、そんなことは野球には時々あるので、別段驚くことではないのだ。驚くべきはその内容にあり!!

 山崎は初球セットポジションに入ってから約3秒で投球すると、近本はタイミングを合わせたファウルを打ったのだ。

 さすがハマの守護神、イヤな空気を感じとり、2球目のセットに入ってから…投げない…投げない…また投げないで、普段の倍以上の間を作っての投球をしたのだ。(その時俺は「山崎うまい!!」と叫んでいた)しかし、そのあり得ない長い間に対し、打席の近本はピクリとも動かず体勢を崩すことなく、一発を浴びせたのだった。

 これって50年以上前の子供の頃、一本足打法を崩そうと相手投手が変則投法をしたのに、ピクリとも動じずホームランを打った王貞治さんと同じだよー!!

 近本の、そして阪神の時代到来やー!!

試合結果へ