2019.4.25 14:29

東洋大・村上、連投で完封「(勝ち点)取れてよかった」/東都

東洋大・村上、連投で完封「(勝ち点)取れてよかった」/東都

完投勝利を挙げた東洋大・村上=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

完投勝利を挙げた東洋大・村上=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球春季リーグ第2週第5日(25日、東洋大2-0国学院大、神宮)東洋大の村上は6回を投げた24日に続いて先発マウンドに上がり、1安打を許した三回以外は三者凡退に打ち取るほぼ完璧な内容で無得点に封じた。

 主将で捕手の佐藤都の指名を受けての先発に気合が入った。連投のため5回で降板する予定だったが、最後まで球の勢いを失わずマウンドを守り抜いた。「ここで勝ち点を落としたら優勝から遠ざかると思っていた。取れてよかった」と安堵の表情を浮かべた。

東洋大・杉本監督(今季2完封の村上に)「いまは打たれてもかっかしなくなった。1学年上がって成長したところ」

東洋大・小峰外野手(九回に今季2号ソロ)「村上から点を取ってくださいと言われていたのでよかった」