2019.4.25 15:25

阪神・マルテ、1号2ラン含む3打数1安打3打点

阪神・マルテ、1号2ラン含む3打数1安打3打点

3回、阪神・マルテは先制の2点本塁打を放つ=鳴尾浜(撮影・岡田茂)

3回、阪神・マルテは先制の2点本塁打を放つ=鳴尾浜(撮影・岡田茂)【拡大】

 阪神のジェフリー・マルテ内野手(27)が25日、2軍戦で1号本塁打を放った。

 鳴尾浜で行われたウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦に前日24日に続いて2試合連続で「3番・DH」で出場し、0-0の三回2死一塁で、ソフトバンクの先発・中田の高めに浮いた114キロスライダーを捉えて左越えにライナーで運んだ。一回の第1打席は二ゴロだった。

 マルテは、3打席目は五回1死一、三塁で中犠飛。カウント0-2と追い込まれたあと、低めの変化球を見極めてフルカウントまで粘り、6球目の外角へのフォークボールを、中堅フェンス間際まではじき返した。

 4打席目は七回、ドラフト4位新人・板東の外角低め速球に見逃し三振で、この日は3打数1安打3打点だった。試合は阪神が4-3で勝利した。1軍復帰を目指して調整中の藤浪晋太郎投手(25)はベンチ入りしたが、登板しなかった。