2019.4.25 05:04(1/2ページ)

「いい仕事してるやん」阪神・糸井、自画自賛V打や!お待たせ56打席ぶりタイムリー

「いい仕事してるやん」阪神・糸井、自画自賛V打や!お待たせ56打席ぶりタイムリー

特集:
糸井嘉男
三回、中前へ先制打を放った糸井。56打席ぶりの適時打で連勝や(撮影・門井聡)

三回、中前へ先制打を放った糸井。56打席ぶりの適時打で連勝や(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA1-3阪神、5回戦、阪神3勝2敗、24日、横浜)ホンマ、いい仕事してるやん! 阪神・糸井嘉男外野手(37)が三回に中前へ先制打を放ち、実に56打席ぶりのタイムリーで今季3度目の連勝に導いた。昨季10勝3敗だったハマスタで、その勝負強さも復活。この勢いで矢野虎初の同一カード3連勝いくで~!

 燃えるように真っ赤な手袋をバシッと合わせ、一塁上から三塁ベンチへ右手を突き上げる。ほえていた。横浜で火がついた虎打線。その中心で、糸井もついに燃えた。最初のチャンスを、技アリの一打でつかみとった。前夜の福留に続き、糸井もここから本調子だ。

 「いい仕事してるやん」

 値千金の決勝打に、試合後は“超人節”で自画自賛だ。0-0で三回に入っていた。11日の甲子園での初顔合わせでも5回5安打1失点の好投を許し、プロ初星を献上したDeNAのD3位右腕・大貫晋一投手(新日鉄住金鹿島)は、この日も序盤からグイグイ来ていた。糸井だけは第1打席でも痛烈な中飛を放っていたが、1巡目の打者9人で6三振を奪われた。

 そんな中、三回2死から虎のD1位・近本光司外野手(大阪ガス)が三塁線へ絶妙セーフティーバント。糸原も右前打で続いて一、二塁とおぜん立てされ、糸井が燃えないワケにはいかなかった。カウント1-1からの3球目。地面スレスレの139キロフォークを巧みにバットで拾い上げ、ライナーで中前へ運んだ。二走・近本が悠々生還。打つべき男が打てば、やはり勝つ。これが決勝点になった。

【続きを読む】

  • ベンチに向かってガッツポーズの糸井。超人が打てば勝つ!
  • 3回、先制適時打を放った阪神・糸井=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発の阪神・才木=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 3回、セーフティバントを決める阪神・近本=横浜スタジアム(撮影・門井聡)
  • 9回、投球する阪神・ドリス=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 7回、好投する阪神・能見=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 勝利し、才木(右)とタッチを交わす阪神・矢野監督=横浜スタジアム(撮影・門井聡)
  • 9回本塁打を放った陽川を迎える矢野監督ら阪神ベンチ=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 阪神・得点圏打率(規定打席以上)
  • 阪神・糸井の最近5試合アットバット