2019.4.24 08:00

【星野伸之 緩急自在】しっかり捕手に投げられるようになった阪神・青柳

【星野伸之 緩急自在】

しっかり捕手に投げられるようになった阪神・青柳

先発の阪神・青柳=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

先発の阪神・青柳=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-8阪神、4回戦、2勝2敗、23日、横浜)青柳の脳裏をいろんな思いが駆け巡った試合だったと思う。自身が好投しながら白星に恵まれない。チームは連敗中。いざ、投げ始めるとまたしても好投。途中からはプロ初完投、初完封もよぎったのではないか。すべて、いい経験にしてもらいたい。そう振り返られる快投だった。

 昨年までは三塁側に倒れてしまう投球フォームが、ことしはしっかり捕手に向かって投げられるようになった。これがキャンプから継続してできている。制球難に苦しんできた青柳が低めに丁寧に投げ続けられる最大の理由がここにある。ゴロでの4併殺が象徴的だ。

 制球難を解消したといっても、荒れ球が消えたわけではない。二回の宮崎にぶつけそうな投球もあった。時々出現する抜け球。これがちょうどいい具合に「打者には怖い球」になっていた。

 そして身につけた修正力。宮崎の四球の後に佐野を一ゴロ併殺打に。四回にはロペスにカウント3-0になりながらストライクを続けて見逃し三振。ベンチが安心できる投手に成長している。ガルシア、メッセンジャーらが離脱した先発陣だが、完投可能な青柳を軸にしたローテを組んでも問題ないだろう。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  • 阪神・青柳の年度別登板成績
  • 阪神・青柳の今季登板成績