2019.4.24 22:22

ロッテ・加藤、意地のタイムリー「しっかり準備ができていた」

ロッテ・加藤、意地のタイムリー「しっかり準備ができていた」

7回、代打のロッテ・加藤が中前に適時打を放つ=ZOZOマリン

7回、代打のロッテ・加藤が中前に適時打を放つ=ZOZOマリン【拡大】

 ロッテの加藤翔平外野手(28)が24日、西武5回戦(ZOZOマリン)の七回に代打で登場し、中前適時打を放った。

 「得点圏でしたし、真っすぐでは入ってこないかなと思って、変化球を狙って打った。しっかりとした準備ができていたと思います」

 0-4の七回2死二塁、左打席に立った加藤は、好投を続けていた西武先発・本田から得意の初球打ちで、鮮やかに中前に運び1点を返した。

 7年目の今季は、オープン戦から猛アピールで2年連続開幕スタメンの座をつかんだ。開幕から8試合で4本塁打を放つなど絶好調で、13試合続けて2番で起用されてきたが、前日23日の試合からスタメンを外れていた。

 「毎日スタメンで出るつもりで球場に来ていますし、試合に出たい、打席に立ちたいという気持ちも強かった。打撃練習でもいいものが出ている。だからこそ、どんどん結果を出していきたい」と前を向いた。