2019.4.24 20:06

ロッテ・荻野、10試合連続安打 前日は7打数5安打の大活躍

ロッテ・荻野、10試合連続安打 前日は7打数5安打の大活躍

5回、二塁打を放つロッテ・荻野=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

5回、二塁打を放つロッテ・荻野=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)【拡大】

 ロッテの荻野貴司外野手(33)が24日、西武5回戦(ZOZOマリン)に「1番・中堅」で出場。五回の第3打席で右中間への二塁打を放ち、10試合連続安打をマークした。

 前日は7打数5安打の大活躍。勢いそのままに、0-4の五回2死走者なしから、好投を続ける西武先発・本田の2球目の直球を右中間へ運んだ。打球はワンバウンドして「ホームランラグーン席」に飛び込み、エンタイトルツーベース。続く2番・清田が見逃し三振に倒れ無得点に終わり、ホームまで駆け抜けることはできなかったが、荻野がこの日もチャンスを演出した。