2019.4.24 22:13

巨人・原監督、中継ぎで好投の野上を評価「素晴らしい」

巨人・原監督、中継ぎで好投の野上を評価「素晴らしい」

ヤクルトに勝利し、高橋(左端)らとタッチを交わす巨人・原監督=神宮球場(撮影・福島範和)

ヤクルトに勝利し、高橋(左端)らとタッチを交わす巨人・原監督=神宮球場(撮影・福島範和)【拡大】

 巨人は24日、ヤクルト5回戦(神宮)に7-2で快勝し、5連勝で首位の座を堅守した。

 先発したドラフト1位・高橋(八戸学院大)が5回102球を要しながらも無失点と好投し、2番手の野上も3回無失点。九回に登板した吉川光が先頭の西浦にソロを浴びるなど2失点し、1974年8月以来、45年ぶり球団タイ記録となる4試合連続完封こそ逃したものの、危なげなく逃げ切った。

 原監督はこの日今季初昇格を果たし、早速結果を出した野上を「素晴らしい。締まったゲームになった」とたたえた。最近登板した4試合中3試合で失点するなど不振の吉川光には「何とかいい形で立ち直ってもらいたいという感じだけど…」と復調を期待した。