2019.4.24 05:03

日本ハム・杉浦、5回完全ピッチ実らず…代わったバーベイトが即同点被弾

日本ハム・杉浦、5回完全ピッチ実らず…代わったバーベイトが即同点被弾

9回の日本ハムの攻撃を見つめる杉浦稔大(後列左)(撮影・野口隆史)

9回の日本ハムの攻撃を見つめる杉浦稔大(後列左)(撮影・野口隆史)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム1-4楽天、4回戦、楽天4勝、23日、札幌D)快投も、チームの勝利にはつながらなかった。先発で今季初登板した日本ハム・杉浦稔大(としひろ)投手(27)が5回を投げて一人の走者も許さず、9三振を奪う完全投球を披露した。

 勝利投手の権利を持って交代してすぐの六回先頭で、2番手・バーベイトがブラッシュに同点ソロを被弾。しかも逆転負けで白星は逃したが「特に考えすぎず、一球一球、投げ込むだけだった。とりあえず安心しました」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 近年は右肩痛に苦しみ、今季のイースタン・リーグでは最長で3イニングしか投げていなかった。栗山監督は「初めての登板なので、球数はある程度、めどがあった。今は体のことを考えながら」と交代理由を説明した。

 今後は登板間隔が空くため、出場選手登録を抹消されるが「いけそうな手応えがあります。長いイニングを投げられる準備をしたい」と杉浦。敗戦の中で希望の光だ。 (中田愛沙美)

試合結果へ

  • 先発の日本ハム・杉浦=札幌ドーム(撮影・野口隆史)