2019.4.23 05:04(1/2ページ)

阪神の窮地に総帥直撃!藤原オーナー、補強否定「戦力は十分」

阪神の窮地に総帥直撃!藤原オーナー、補強否定「戦力は十分」

緊急補強を否定した藤原オーナー。打開策は「自分を信じること」

緊急補強を否定した藤原オーナー。打開策は「自分を信じること」【拡大】

 補強はしない。自分を信じろ! 阪神・藤原崇起オーナー(67)=電鉄本社会長=が22日、大阪市内の電鉄本社で取材に対応した。チームは借金6、単独最下位と低迷しているが、新外国人の獲得など緊急補強策をきっぱりと否定。現状の打開へ「自分を信じること」とナインにメッセージをおくった。

 悩み、苦しむ矢野虎の雑念を振り払うように、藤原オーナーがハッパをかけた。緊急補強はしない。まだ戦えることを、信じている。

 「(戦力は)十分ですよ。みんな、すごいメンバーですよ」

 電鉄本社のロビー。「応援して下さる方には本当にご心配をおかけしています」と頭を下げたが、新外国人獲得などの可能性を問われると、きっぱりと否定した。

 4番候補として獲得したマルテは右ふくらはぎ負傷で出遅れ、ガルシアは登板3試合連続KOで2軍落ち。昨季途中入団のナバーロは打率・222、0本塁打でここ4試合、出番すらない。

 ジョンソン、ドリスは勝利の方程式を形成しているが外国人枠(4)を2つ、持て余しているといっても過言ではない状況。近年繰り返される助っ人野手の不振だが、今年は例年以上に厳しいと言わざるを得ない。それでも現時点で緊急補強に動くつもりはない。

【続きを読む】

  • 阪神・今季の外国人選手