2019.4.23 18:49

巨人ドラフト1位の高橋が24日先発 5年ぶりの神宮登板「懐かしい」

巨人ドラフト1位の高橋が24日先発 5年ぶりの神宮登板「懐かしい」

試合前、笑顔を見せる巨人・高橋=神宮球場(撮影・福島範和)

試合前、笑顔を見せる巨人・高橋=神宮球場(撮影・福島範和)【拡大】

 巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(22)=八戸学院大=が23日、神宮球場でキャッチボールなどやダッシュを行い、先発する24日のヤクルト戦(神宮)に備えた。

 左腕にとって神宮球場は悔しい思い出が残る地。東海大菅生高3年時の2014年に甲子園出場をかけた、西東京大会決勝で日大鶴ケ丘高に敗れ、聖地行きを逃した。あれから、約5年。試合前にマウンドの感触を確かめた高橋は、「ちょっと懐かしいなと思いました。なんせ4年間(大学で全国大会に)出てないので」と振り返った。

 相対するは上位打線が強力なヤクルト。2勝目を目指す左腕は「いいバッターがそろっているとしか言いようがないというか。この前の3連戦の試合を見ても、すごい打っている印象が強いですし。全部抑えるのは難しいと思うので、要所要所で抑えていければ、勝ちにつながっていけるのかなと思います」と意気込みを口にした。