2019.4.22 05:04(1/2ページ)

阪神単独最下位…世界の謙さん、守乱の矢野虎にブチ切れ!「シャレならん」

阪神単独最下位…世界の謙さん、守乱の矢野虎にブチ切れ!「シャレならん」

バックネット裏から目を光らせた渡辺謙。虎のご意見番だ

バックネット裏から目を光らせた渡辺謙。虎のご意見番だ【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-3巨人、6回戦、巨人6勝、21日、甲子園)世界の謙さんも、ブチ切れ! 阪神は平成最後の伝統の一戦だった巨人戦を0-3で敗戦。2戦連続完封負けで単独最下位に転落した。打てるどころか、守れない。1試合3失策の惨劇に、バックネット裏から観戦した阪神ファンのハリウッド俳優・渡辺謙(59)が「シャレならん」と虎党の思いを代弁した。

 宿敵にまったく歯が立たない。バックネット裏から心を痛めっぱなしだった。どうして、打てない。いや、ならば、なぜ守れない。巨人相手に開幕6連敗を喫するのは、ある意味、必然。早くも4月に単独最下位に沈んだ阪神へ、渡辺謙が、愛するがゆえ、憤った。

 「言葉にならない。1回、ミニキャンプをはったくらいのほうがいいんちゃう? こんだけ打てないチームがエラーしてたら、シャレならん」

 球場通路を歩く表情はさばさばとしていた。でも、発するコメントは怒気に満ちていた。

 0-3で2試合連続完封負け。スコアを見ると食い下がったように見えるが、中身は大差だ。

 ハイライトは0-0の四回。先頭のビヤヌエバが中前打で出塁。岡本のイレギュラーしたゴロを遊撃を守るドラフト3位・木浪聖也内野手(ホンダ)が捕球し、二塁へトスもセーフ(野選)。さらに体をひねって一塁へ転送した糸原の送球が大きくそれ、一塁ベンチ内へと白球が飛び込んだ。

 ボールデッドとなり、一度は巨人走者が二、三塁で止まったが、審判団がテイク2と判定し、ビヤヌエバが生還。先制点を献上してしまった。

【続きを読む】

  • 四回、糸原が一塁に悪送球し、先制を許す。ビヤヌエバが邪魔をしているようにも見える!?(撮影・宮澤宗士郎)
  • 9回、阪神・ドリスの暴投で失点=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 9回、巨人・重信の二盗で2塁へ悪送球する阪神・梅野=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・福島範和)
  • 8回、巨人・岡本の打球を捕る阪神・大山=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 9回、投球する阪神・ドリス=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 9回、選手交代を告げた阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 9回、安打を放つ阪神・糸井=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 7回、巨人・山本(奥)に適時三塁打を許した阪神先発の西=甲子園
  • 9回、併殺打に倒れる阪神・梅野=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 4回、併殺打に倒れる阪神・梅野=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 試合に敗れ、肩を落とす阪神・矢野監督ら=甲子園球場(撮影・甘利慈)