2019.4.22 19:54

ソフトバンクの「タカガールデー」 俳優の鈴木伸之が122キロ

ソフトバンクの「タカガールデー」 俳優の鈴木伸之が122キロ

始球式を務める鈴木伸之=東京ドーム(撮影・矢島康弘)

始球式を務める鈴木伸之=東京ドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

 ソフトバンクは22日のオリックス戦(東京ドーム)を女性ファンが主役の「タカガールデー」として開催した。毎年恒例だが、東京では初めて。

 始球式には劇団EXILEの俳優・鈴木伸之が登場した。小1から中2までの野球経験を生かし、高めに投じた速球は122キロ。「めっちゃ、気持ちよかったです。ずっと少年野球をやっていたので、あそこで投げるのは夢でした」と感激した。

 フジテレビ月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」で整形外科医を演じており、入場時は白衣。マウンドでユニホーム姿に変わった。練習では最速115キロだったようだが、人生初の晴れ舞台で更新。直前の国家独唱は、福岡出身のシンガーソングライター・川嶋あいが務めた。

  • 始球式を務める鈴木伸之=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 始球式を務める鈴木伸之=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • タカガールデーのユニホームを着るソフトバンクチア「ハニーズ」=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • タカガールデーのユニホームを着るソフトバンクチア「ハニーズ」=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 国家独唱する川嶋あい=東京ドーム(撮影・矢島康弘)