2019.4.21 05:03(1/2ページ)

島内が史上11人目の全打順弾!楽天、通算900勝&首位キープ

島内が史上11人目の全打順弾!楽天、通算900勝&首位キープ

今季1号を放ち、笑顔でベンチに戻る島内。史上11人目の“全打順本塁打”を達成した 

今季1号を放ち、笑顔でベンチに戻る島内。史上11人目の“全打順本塁打”を達成した 【拡大】

 (パ・リーグ、楽天5-3オリックス、5回戦、オリックス3勝1敗1分、20日、楽天生命)「4番・左翼」で先発出場した楽天・島内宏明外野手(29)が三回に今季初アーチとなる1号2ラン。プロ野球史上11人目となる「全打順本塁打」を達成し、2005年に創設された球団の通算900勝に貢献した。

 「打席へ入ったときにスタンドから拍手や声援をたくさんいただきました。温かく迎えてくれた皆さんに後押しされた」

 2点を先制した三回、なお2死一塁。東明の138キロの内角直球を、右翼席中段へ運んだ。16日の西武戦(楽天生命パーク)で右首に死球を受けて離脱していたが、復帰戦で偉業を達成。患部を守るためのフェースガード装着も可能だったが付けず、「スイングするときに肩に当たる。打ち方が悪いので」と独特の“島内節”を炸裂(さくれつ)させて笑った。

 「足立もきのう(19日)ホームランを打って、4番(の自分の本塁打)がゼロだとちょっと嫌だった。何とか追いつくことができた」

【続きを読む】

  • 全打順本塁打達成選手
  • 3回、2HRを放つ楽天・島内宏明=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 3回、2HRを放つ楽天・島内=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 3回、先制2HRを放つ楽天・オコエ=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 7回から登板の楽天・高梨=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 試合終了後、松井(右)からウイニングボールを受け取る楽天・美馬(左)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 試合終了後、お立ち台で「バーン!」を決める楽天・美馬(左)とオコエ(右)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 先発の楽天・美馬=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)