2019.4.21 15:30

日本ハム・西川が先制の右前適時打

日本ハム・西川が先制の右前適時打

3回、右前へ先制の適時打を放った日本ハム・西川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)

3回、右前へ先制の適時打を放った日本ハム・西川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)【拡大】

 日本ハム・西川遥輝外野手(27)が21日、ロッテ5回戦(ZOZOマリン)に「1番・中堅」で出場。三回に先制の右前適時打を放った。

 0-0の三回1死二塁。フルカウントから石川の144キロを右前に運んだ。3試合ぶりの安打が貴重な先制打となり、二塁走者の中島が生還したが、自身は二塁を狙ってアウト。「久しぶりのヒットがタイムリーになってよかったです。ただ、その後が良くなかったので、引き続き集中してチームが勝てるように頑張りたいです」と気を引き締めていた。