2019.4.20 17:07

阪神、開幕から巨人に5戦全敗 4安打零封負け

阪神、開幕から巨人に5戦全敗 4安打零封負け

試合に敗れた阪神・矢野監督ら=甲子園球場(撮影・松永渉平) 

試合に敗れた阪神・矢野監督ら=甲子園球場(撮影・松永渉平) 【拡大】

 阪神が20日の巨人戦(甲子園)で4安打に封じられ、今季2度目の零封負け。開幕から巨人に5戦全敗。序盤の得点機を逃したのが大きかった。

 一回無死からD1位・近本が遊撃内野安打で出塁すると、相手の隙をついて二塁を陥れると、ヤングマンの送球ミスもあり、一気に三塁へ進んだ。無死三塁の先制機も、糸原、糸井、大山が内野ゴロで得点ならず。先発した岩貞も二回、石川に先制2ランを浴びた。

 阪神は三回にもD3位・木浪の右前打から1死二、三塁としたが、得点につながらず。その後はチャンスもつくれないまま、わずか4安打。完封負けは10日のDeNA戦(甲子園)以来、今季2試合目。21日の巨人戦がいよいよ平成最後の伝統の一戦。負けたままで、令和を迎えてしまうのか。試合後の矢野監督は「2度のチャンスで(点が)とれなくて、こういう流れを作ってしまった。毎日、結果を踏まえながら前に進まないと。あしたも頑張ります」と険しい表情だった。

試合結果へ