2019.4.19 15:21

米CBS、初セーブの平野は「チーム2番目の守護神候補」

米CBS、初セーブの平野は「チーム2番目の守護神候補」

特集:
平野佳寿
ブレーブス戦の9回に登板し、今季初セーブを挙げたダイヤモンドバックス・平野=アトランタ(ゲッティ=共同)

ブレーブス戦の9回に登板し、今季初セーブを挙げたダイヤモンドバックス・平野=アトランタ(ゲッティ=共同)【拡大】

 ブレーブス1-4ダイヤモンドバックス(18日、アトランタ)米大リーグ、ダイヤモンドバックスの平野平野佳寿投手(35)が3点リードの九回に5番手として登板。1回1安打無失点で2つの三振を奪い、今季初セーブをマークした。チームは4連勝。平野の今季成績は9試合の登板で計7回を投げ、1勝1敗1セーブで防御率6・42となった。

 米CBSスポーツ(電子版)はこの日、「ヒラノがセーブをつかむ」との見出しで、「ヒラノが1安打、2奪三振で九回を無失点で切り抜け、ブレーブス相手にセーブを挙げた」と報じた。

 CBSによると、守護神のホランドが過去4日で3度登板してるため、チームは疲労を考慮し、この日の九回のマウンドに平野が指名されたという。「彼はその任務を務め上げて、シーズン初のセーブを挙げた」とし、「(守護神の)ホランドが良い投球を続けているため、平野がクローザーを務めるチャンスはあまりないが、彼はチーム2番目の守護神候補である」と伝えた。

試合結果へ平野の成績へ