2019.4.19 22:52

ソフトバンク、打順変更で連敗ストップ

ソフトバンク、打順変更で連敗ストップ

3回 先制の適時打を放つソフトバンク・今宮=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)

3回 先制の適時打を放つソフトバンク・今宮=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 ソフトバンクは19日の西武戦(メットライフ)に2-0で勝利して3連敗を止めた。打順を大幅に変更して成功。三回2死一、三塁でプロ初の「3番」に入った今宮が右前に先制打を放った。

 「きょうの千賀(の好投)をみたら、先に点を取ってあげないと。2番でも3番でも、変わりません」

 名手は2失策を犯して「勝っても自分に腹が立つ。投手に感謝です」と反省も、バットで期待に応えた。

 2年ぶりの「4番」に入った松田宣も今季初の猛打賞。今宮の適時打に続いて中前適時打を放って「並びが変わってもメンバーは一緒。4番目に順番がくるだけで、普段撮りの打撃を」と快音を鳴らした。

試合結果へ

  • 3回ソフトバンク2死一、三塁、松田宣が中前に適時打を放つ=メットライフドーム
  • 先発のソフトバンク・千賀=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 勝利投手でヒーローとなったソフトバンク・千賀=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)