2019.4.17 08:00

【星野伸之 緩急自在】阪神・ガルシア、ただ投げているだけ

【星野伸之 緩急自在】

阪神・ガルシア、ただ投げているだけ

 (セ・リーグ、ヤクルト9-5阪神、4回戦、2勝2敗、16日、松山)ガルシアは、厳しい表現になるが「ただ投げているだけ」に見えた。

 動かしながらの真っすぐに、チェンジアップなどを投げたのだろうが、何を投げているのか、見分けがつきにくい状態。真っすぐ、変化球ともに、これほどキレのなさが分かる投球内容も珍しい。盛んに足元を気にして、マウンドの影響があるような仕草もあったが、この日の内容はそれ以前の問題だ。

 打者は、真っすぐを待って、変化球が来たら余裕を持って対応できていた。打ち辛そうな打者はほとんどいなかったのではないか。

 登録抹消は当然だろう。1つ言えるのは、力が球に全く伝わっていない。体調に問題がないという前提で話すが、2軍では先発調整するより、打者1人、あるいは1回限定で、全力で、力の伝わった球を投げ込むことを心掛けるべきだろう。

 ただし、昨年最も相性の良かったナゴヤドームでは投げさせてみたい。27日からの中日3連戦のどこかで登板機会を与えて、何かのキッカケは作ってあげたい。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ