2019.4.17 05:01

【手術後初屋外フリー一問一答】阪神・原口「外は気分違う」

【手術後初屋外フリー一問一答】

阪神・原口「外は気分違う」

2軍残留組と交じってダッシュする原口。笑顔が弾ける

2軍残留組と交じってダッシュする原口。笑顔が弾ける【拡大】

 大腸がんからの復帰を目指す阪神・原口文仁捕手(27)が16日、鳴尾浜での2軍残留練習に参加。手術後初めて屋外でのフリー打撃を行い、44スイングで5本の柵越えを放つなど、順調さを披露した。

 --初めて屋外でフリー打撃練習して

 原口 「やっぱり中で打つのと外で打つのでは気分も感覚も違いますし、そのギャップをこれからの練習で埋めていけるようにしていきたいです」

 --柵越えも出ていい感じで振れたか

 「最初にしてはいい感じで打てたと思う」

 --スイングの力加減は

 「ちょっとマシンも前に飛ばなかったり、ミスショットが多かったので、もう少しいい感覚で打てるようにやっていきたいと思います」

 --1つのステップとしてはクリアか

 「順調にしっかり積み重ねできているので、いい方向にいっていると思います」

 --これからは試合に向けた動きをやり始めるか

 「だいたいの動きはある程度でき始めているので、あとは実戦形式だったり、もう少し量をこなしていければ問題ないと思います」