2019.4.17 22:36

ロッテ、1番荻野が貴重な1点「いいところに落ちてくれた」

ロッテ、1番荻野が貴重な1点「いいところに落ちてくれた」

5回、先制の適時打を放ったロッテ・荻野=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)

5回、先制の適時打を放ったロッテ・荻野=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ1-0ソフトバンク、5回戦、ロッテ4勝1敗、17日、ゾゾマリン)ロッテの1番荻野が五回に唯一の得点をたたき出した。1死一、二塁から、大竹の内角高めの直球をしぶとく中前へ。「岩下がゼロに抑えていたので、先制点を取りたかった。打球は良くなかったが、いいところに落ちてくれた」と相好を崩した。

 今季のロッテは、1番で起用された選手が結果を出せずに苦しんできた。33歳で実績豊富な荻野は、オープン戦で不振に陥り、これが先発5試合目。「しっかり呼び込んで打てるようになり、感覚は良くなってきた」と復調の手応えを感じていた。

試合結果へ

  • 投打のヒーロー。(左から)ロッテ・岩下、荻野=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)