2019.4.17 20:54

巨人D1・高橋、球団史上初の快挙ならず「リズムが悪い内容だった」 

巨人D1・高橋、球団史上初の快挙ならず「リズムが悪い内容だった」 

特集:
2019新人情報
先発の巨人・高橋=リブワーク藤崎台球場(撮影・荒木孝雄)

先発の巨人・高橋=リブワーク藤崎台球場(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(22)=八戸学院大=が17日、広島5回戦(リブワーク藤崎台)に先発。プロ2度目の登板は102球2安打1本9三振6四球1死球1失点の内容だった。防御率は1・59。

 降板時に2-1とリードしていたため勝ち投手の権利があったが、七回に同点に追いつかれたため、球団史上初となる大卒新人のプロ初登板から2戦2勝はならなかった。左腕は「四球が多く、リズムが悪い内容だった」と反省した。

試合速報へ