2019.4.17 08:00

【野村弘樹ウイニングショット】坂本勇&丸の1、2番…恐ろしい巨人新オーダー

【野村弘樹ウイニングショット】

坂本勇&丸の1、2番…恐ろしい巨人新オーダー

特集:
坂本勇人

 (セ・リーグ、巨人8-2広島、4回戦、巨人3勝1敗、16日、鹿児島)自分が先発だとしても、ゾッとする。坂本勇と丸で始まる巨人の新オーダーだ。

 吉川尚が1番ならば立ち上がり、全力で抑えにかかれる。坂本勇と丸では、そうもいかない。2人とも、安打はコンスタントに出る。パンチ力もある。選球眼もいいから、四球を取られる…。よーいドンで神経をすり減らし、6番・陽岱鋼までずっと、一発も警戒しなければならない。なんとも嫌な打線だ。

 丸の2番も、坂本勇より適任だろう。走者一塁のケースでも、左打者のため、一、二塁間に強い打球を打てる。内野ゴロでも走者二塁、安打なら一、三塁。足も速く、併殺の危険性は低い。一回は遊ゴロ、二回は三ゴロがともに併殺崩れになり、得点につながったのが好例。相手の守備陣にとって、ダメージは小さくないだろう。

 吉川尚に代わる二塁手として7番に入った山本も、打撃はしぶとく、走塁には抜け目がない。山本が出て、8、9番が進塁させ、坂本勇と丸でかえす。そのパターンも望める。だから、吉川尚が復帰しても、この並び方を続けていいと思う。

 巨人打線にまた厚みが出た。新たなステップを踏む勝利になったのではないだろうか。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ