2019.4.17 08:00

北別府氏「丸は足が速いのだから…」

北別府氏「丸は足が速いのだから…」

北別府学氏

北別府学氏【拡大】

 (セ・リーグ、巨人8-2広島、4回戦、巨人3勝1敗、16日、鹿児島)巨人は今季初めて坂本勇と丸の1、2番コンビを組むと、序盤から得点を重ねて快勝。広島は先発のジョンソンが3回4失点で降板して2敗目を喫した。

 巨人は一回、坂本勇が遊撃手を強襲する内野安打で出塁して2死一、二塁のチャンスをつくり、5番ゲレーロの左前打で先制点を奪う。二回1死一、二塁では坂本勇が四球を選び、満塁として丸の三ゴロの間に1点を追加。3番に入ったビヤヌエバの左翼への二塁打で2点を加えた。

 元広島投手の北別府学氏(61)はこの日、ブログで「本当に細かいことを言えばキリがない。序盤、満塁で丸の打球、丸は足が速いのだからファーストに投げるよりホームに投げろ、、、投手たちよ、リズムが悪いからにも悪影響がある」(原文ママ)と嘆くしかなかった。