2019.4.16 15:10

中大が駒大に先勝、古賀が決勝打/東都

中大が駒大に先勝、古賀が決勝打/東都

右越え2ランを放ち、三塁を回って生還の中大・五十幡亮汰外野手=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

右越え2ランを放ち、三塁を回って生還の中大・五十幡亮汰外野手=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球春季リーグ戦第2週第1日は16日、東京・神宮球場で行われ、第1試合の駒大-中大1回戦は、中大が7-6で競り勝ち、先勝した。

 中大は駒大に2-2の同点に追いつかれた直後の三回裏1死二塁で9番の代打・倉石匠己外野手(3年)の右越え二塁打で勝ち越し、続く五十幡亮汰外野手(3年)が右越え2ランを放ってリードを広げたが、八回表に駒大が代打・木下大成外野手(4年)の1号2ランなどで6-6に同点に追いつき接戦となった。

 しかし、その裏中大は、2死二、三塁で7番・古賀悠斗捕手(2年)が中前に決勝打を放ち、救援した左腕・畠中優太投手(3年)が今季初勝利を挙げた。

 本塁打を放った五十幡は、「つなぐ意識でいた。そこまで真っすぐで内角を攻められていたので、真っすぐが頭にあった」と昨秋の亜大3回戦のサヨナラ本塁打以来の一発にほほを紅潮させていた。