2019.4.16 14:43

阪神・マルテが屋外フリー打撃再開、76スイング中1本の柵越え

阪神・マルテが屋外フリー打撃再開、76スイング中1本の柵越え

屋外でフリー打撃を行う阪神・マルテ=鳴尾浜球場(撮影・中島信生)

屋外でフリー打撃を行う阪神・マルテ=鳴尾浜球場(撮影・中島信生)【拡大】

 右ふくらはぎの張りのため、2軍調整中の阪神のジェフリー・マルテ内野手(27)が16日、鳴尾浜での残留練習に参加。別メニュー調整以降、初の屋外フリー打撃練習を行い、76スイング中、安打性17本、柵越え1本を放った。

 「(状態は)日に日によくなってきている。久しぶりに外で楽しく打つことができたので、徐々によくなっていきたいと思う」

 この日は、打撃練習以外にもダッシュや軽めのゴロ捕、ウエートトレなどで約3時間汗。フリー打撃では、マシンの球をとらえ、左翼へライナー勢の一発を放った。

 「外でやるのは違いますし、最後に外で打ったのはスタジアム(甲子園)だったので。自分が思うより早くチームに合流できるふうに思っている。それぐらいよくなってきている」と笑顔で話した。

 球団関係者は「順調じゃないですかね。1日1日様子を見ながら。強度を上げていければというところです」とコメント。今後も状態を見ながらノックなど実戦に向けた練習を行っていく予定だ。

  • マルテに声をかける阪神・メッセンジャー=鳴尾浜球場(撮影・中島信生)
  • 練習を終えた阪神・マルテ=鳴尾浜球場(撮影・中島信生)