2019.4.16 05:04(2/2ページ)

新グッズに誓った!阪神・梅野、「打ち勝つ」より守り勝つばい!!

新グッズに誓った!阪神・梅野、「打ち勝つ」より守り勝つばい!!

特集:
梅野隆太郎
松山空港に到着した阪神・梅野=松山空港(撮影・水島啓輔)

松山空港に到着した阪神・梅野=松山空港(撮影・水島啓輔)【拡大】

 「何とか先発投手に長いイニングを投げてもらって、勝ちパターンにもっていけるように」。今季は先制を許すと2勝9敗だが、先制すれば4勝0敗、五回までリードしていれば3勝0敗。イメージは出来ている。

 首脳陣の信頼は高い。リーグ5位の打率・226と貧打に苦しむ中で、梅野はバットでもリーグ3位の打率・370と好調をキープ。2日の巨人戦で負った左足薬指骨折を抱えながらも、7試合連続フル出場中だ。

 矢野監督は梅野、坂本の捕手2人制の継続を明言。「リュウ(梅野)自身、もちろん痛いのもある中で、こっちが代えたいとか代えようと思うパフォーマンスじゃなくてね。やるっていう姿を見せてくれている」と目を細めた。1試合を梅野に任せる-。だからこその捕手2人制だ。

 お立ち台での新たな決めゼリフ「明日も勝つばい!」のフェイスタオルも発売された。9日のDeNA戦での初「勝つばい!」の後、4連敗を喫したが、前日14日も力強く「あさっても勝つばい!」と宣言したばかり。ここからは有言実行だ。  (大石豊佳)

捕手2人制について阪神・清水ヘッドコーチ「もしものときはこっちが責任をとること。万が一のときは、そのときに対処すればいい。梅野への信頼の高さ? それもあるだろうね」

★非常時はキャッチャー中谷

 当面は捕手2人制を敷く矢野監督は「3人おっても出えへんやん。それよりは使える駒を置いておきたい」と説明。非常時は「もちろん、最後の場合は中谷がいくしかない」と明言した。中谷は福岡工大城東時代は捕手でプロ1年目のオフに野手に転向。近本(中堅)、木浪(一塁)の活躍で、ここ2試合出場のない中谷は伊丹空港で「やれるところでやるだけです」と話した。

  • いざ、ツバメ斬り!扇の要・梅野が松山空港に降り立った(撮影・水島啓輔)
  • 松山空港に到着した左から阪神・ガルシアとドリス=松山空港(撮影・水島啓輔)
  • 松山空港に到着した阪神・福留(左)。右奥は糸井=松山空港(撮影・水島啓輔)
  • 松山空港に到着した阪神・木浪=松山空港(撮影・水島啓輔)
  • 松山空港に到着した阪神・近本=松山空港(撮影・水島啓輔)
  • 松山空港に到着した阪神・矢野監督=松山空港(撮影・水島啓輔)