2019.4.16 11:50

ダル、330日ぶりの勝利!六回途中8K2失点で今季初白星

ダル、330日ぶりの勝利!六回途中8K2失点で今季初白星

特集:
ダルビッシュ有
 マーリンズ戦で5回のピンチを切り抜け、雄たけびを上げるカブスのダルビッシュ=マイアミ(共同)

 マーリンズ戦で5回のピンチを切り抜け、雄たけびを上げるカブスのダルビッシュ=マイアミ(共同)【拡大】

 マーリンズ2-7カブス(15日、マイアミ)米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(32)が、敵地で今季4度目の登板を果たし、5回2/3を投げ、4安打2失点で今季初勝利(2敗)を挙げた。8つの三振を奪い、1被弾、1死球4四球で防御率は6・11となった。球数は96だった。チームは7-2でマーリンズを下した。ダルビッシュの白星は、330日ぶり。

 味方に3点のリードをもらってマウンドに上ったダルビッシュは一回、2死から連打と四球で満塁のピンチを迎えるが、後続を空振り三振に仕留めて無失点で切り抜ける。続く二回は、先頭から連続四球を与えると、後続をニゴロに打ち取ったが、併殺を狙った遊撃が一塁へ悪送球。三走が生還し、1点を失った。三回は三者凡退で切り抜けると、四回1死からウォーラクに1号ソロを浴び3-2とされた。六回2死から、ブリンソンに死球を与えたところで降板した。

 試合結果へダルの成績へ 

  • マーリンズ戦に先発したカブスのダルビッシュ=マイアミ(共同)
  • 1回、満塁のピンチをしのぎ、捕手とタッチを交わすカブスのダルビッシュ=マイアミ(共同)
  • マーリンズ戦の6回途中に降板し、ベンチでチームメートに迎えられるカブスのc=マイアミ(共同)