2019.4.16 22:29

巨人・岡本、“地方の鬼”ぶりは今季も健在

巨人・岡本、“地方の鬼”ぶりは今季も健在

7回、左越え本塁打を放つ巨人・岡本=平和リース球場(撮影・荒木孝雄)

7回、左越え本塁打を放つ巨人・岡本=平和リース球場(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人・岡本和真内野手が16日、広島4回戦(鹿児島)の七回に左翼へ6号ソロを放ち、昨年9月5日のDeNA戦(富山)以来の3戦連発、5試合連続の打点をマークし、8-2の快勝に貢献した。

 4点リードの七回、替ったばかりの矢崎が投じた、高めに浮いたフォークを見逃さなかった。相手の4番・鈴木のリーグトップの7本に迫る6号ソロで駄目押し点をもたらしたが、「なんとか1本(結果を)出そうと思っていたのでよかった。チャンスで打てなかったので、明日はチャンスで打てるように頑張ります」と、走者を置いた他の3打席で凡退した反省も忘れなかった。

 昨季も本塁打を放った平和リース球場での一戦で2年連続でアーチをかけた。昨季、地方で打率・488(41打数20安打)、5本塁打、14打点をマークした“地方の鬼”ぶりは今季も健在だ。

試合結果へ