2019.4.16 22:10

巨人・山口、立て直して3勝目 6四球は反省「自分をコントロールできなかった」

巨人・山口、立て直して3勝目 6四球は反省「自分をコントロールできなかった」

お立台でポーズをとる巨人・山口(左)と山本=平和リース球場(撮影・荒木孝雄)

お立台でポーズをとる巨人・山口(左)と山本=平和リース球場(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人8-2広島、4回戦、巨人3勝1敗、16日、鹿児島)巨人の山口は制球にやや苦しんだが、要所を締めて開幕から無傷でリーグトップの3勝目を手にした。4-2の五回からは立ち直り、直球でカウントを整えて決め球のフォークボールを低めに決めた。「真っすぐが軸になれば変化球は有効になる」と一定の手応えを感じている様子だった。

 7回2失点。ただ、6四球を与えたことに「自分をコントロールできなかった。何とか抑えたが、大量失点につながりかねない」と反省を口にした。

試合結果へ

  • 先発の巨人・山口=平和リース球場(撮影・荒木孝雄)