2019.4.16 19:46

巨人D1・高橋、球団史上初の快挙へ「1戦1戦、大事に戦っていければ」

巨人D1・高橋、球団史上初の快挙へ「1戦1戦、大事に戦っていければ」

特集:
2019新人情報
練習する巨人・高橋=鹿児島県立鴨池野球場(撮影・今野顕)

練習する巨人・高橋=鹿児島県立鴨池野球場(撮影・今野顕)【拡大】

 17日の広島戦(リブワーク藤崎台)に先発するドラフト1位・高橋優貴投手(22)=八戸学院大=が、鹿児島市の平和リース球場でキャッチボールなどで調整した。

 4日の阪神戦(東京ドーム)で球団では59年ぶりとなる大卒新人の初登板勝利を達成し、次戦がプロ2度目の登板。先発で2戦2勝を挙げれば球団史上初となる。期待の左腕は「1戦1戦、大事に戦っていければ」と力を込めた。

 前回登板では2度、バントを失敗。大学時代は指名打者制だったため公式戦では久しぶりの打席だったこともあるが、反省を踏まえてバントの特訓を積んできた。「やるべきことはやってきたかなと思う。成功するためにやってるので、1つの成功を追い求めてやっていければ」。打席でのリベンジにも燃える。