2019.4.14 17:12

阪神、連敗を4で止めた! 西が好投&2点タイムリー

阪神、連敗を4で止めた! 西が好投&2点タイムリー

先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・松永渉平) 

先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・松永渉平) 【拡大】

 阪神は14日、中日戦(甲子園)に5-2で勝ち、連敗を4で止めた。

 オリックスからフリーエージェントで加入した先発右腕、西が7回2失点で自身2連勝。打っても四回に2点タイムリーを放った。ジョンソンが八回を無失点に抑え、九回はドリスが締めた。

 打線は1点を追う四回に福留が同点打を放つと、梅野、木浪、西と3者連続タイムリーが飛び出し、5点を奪って逆転した。

試合結果へ

  • 1回、中日・京田を打ち取った阪神・西=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 4回、2点適時打を放つ阪神・西=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 2回、中日・吉見のバントを阪神・梅野が二塁に送球し併殺=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 4回、適時打を放つ阪神・福留=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 4回、適時打を放つ阪神・梅野=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 4回、適時打を放ち声援に応える阪神・木浪=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 4回、生還した鳥谷を出迎える阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
  • 「あさっても勝つばい!」雄叫びを上げる阪神・西(右)と梅野=甲子園球場(撮影・河田一成)