2019.4.13 13:50

法大、東大に先勝 エース三浦が7回無失点/東京六大学

法大、東大に先勝 エース三浦が7回無失点/東京六大学

法大・三浦銀二投手は、東大1回戦に先発した(撮影・赤堀宏幸)

法大・三浦銀二投手は、東大1回戦に先発した(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球春季リーグ戦は13日、東京・神宮球場で開幕し、第1試合の東大-法大1回戦は、法大が7-0で先勝した。

 法大は一回に5番・毛利元哉外野手(4年)の左犠飛で先制。二回から四回まで加点し、さらに八回にも1点を加えた。先発のエース右腕・三浦銀二投手(2年)が7回を1安打8三振無失点に抑え、通算6勝目を挙げた。