2019.4.13 12:00(1/2ページ)

【土井麻由実のSMILE TIGERS】猛虎の新シーズン新アイテムに注目 上本「今まで使ったことない色を探していたら、今年は紫になった」

【土井麻由実のSMILE TIGERS】

猛虎の新シーズン新アイテムに注目 上本「今まで使ったことない色を探していたら、今年は紫になった」

特集:
土井麻由実のSMILE TIGERS
阪神・上本

阪神・上本【拡大】

 待ちに待ったプロ野球が開幕した。新しいシーズンには新しい用具で臨みたいという選手も少なくない。そこで今回は虎戦士の“お道具”に注目してみた。

 まず珍しいなと目を惹いたのが上本博紀選手のバッティング手袋。“革手”ってやつね。これまで見たことない紫色なのだ。上本選手によると「革手だけは毎年、色を変えている。ほかのものとか生活面とかはあまり変えないようにしているけど」とのこと。

 「今まで使ったことない色を探していたら、今年は紫になった。黒がメーンだけど。あまり派手じゃなく、落ち着いた色がいいんで」

 派手ではないけど目立つ(笑)。さらに驚くのは、なんと左右違うのだ! 間違えて着けているのではない。そういうデザインなのだ。おそらく球界初ではないだろうか。オッシャレ~。

 右手用は黒に紫だが、左手用がシルバーに紫。これがキラキラしてきれいなのだ。スラッガー社が「ちょっと変わったことをしてみよう」と左右違うものを提案したところ、最初は「なんで違うん?」と言いつつも、鏡を見て「違和感ないな」とすんなり受け入れたという。パッと見、なかなか気づかないと思うが、よく観察してみてほしい。ちなみに、革手の色にともなってフットガードとカバンも同じ色合いを採用している。

 青柳晃洋投手の新しいもの、ワカルかな? これまたよく見ないとわからないかも。グラブのウェブ部分がニューバージョンになったのだ。これまでは「晃洋」の「K」をかたどったデザインだったのが、今年は「青柳」の「A」も加わり「AK」がデザインされたウェブになっている。

 「ウェブは毎年変えている。気分です。グラブ自体は毎年同じ型で同じ色。今は青。青柳だからじゃないですよ(笑)。好きな色なんです」

 大学時代はずっと青だったが、プロ入りして「クセが出ている」と言われて黒にした。それも修正できたので、昨年からまた青に戻したのだ。

 「僕、人とかぶるのが嫌で…。“誰々モデル”とか嫌。ウェブも人と違うものをって、カタログにないものをお願いしている」

 ZETT社によると「『AK』にしてほしいとリクエストされたわけではないけど、青柳投手のために考えた。『青柳モデルを使いたい』っていう子どもたちが増えてくれればいいなという思いをこめて作った」そうで、青柳投手も「気に入っている」と笑顔を見せる。縁どりの革紐もオレンジ色に変え、オシャレな仕上がりになっている。

 石崎剛投手もグラブを替えた。というか、メーカーさん自体を替えた。xanax社はご存知、藤川球児投手がアドバイザリー契約を結んでいるメーカーさんだ。

 「心機一転したかったっていうか、球児さんへの憧れが強いっていうんですかね」と、照れくさそうにその理由を明かす。

【続きを読む】

  • 左が阪神・片山のプロテクター。右の小宮山のものは新型だ