2019.4.13 08:00

【板東英二の観戦記】阪神、「4番・大山」にこだわる必要ない

【板東英二の観戦記】

阪神、「4番・大山」にこだわる必要ない

7回、内野ゴロに倒れる阪神・大山=甲子園球場(撮影・松永渉平) 

7回、内野ゴロに倒れる阪神・大山=甲子園球場(撮影・松永渉平) 【拡大】

 (セ・リーグ、阪神4-9中日、1回戦、中日1勝、12日、甲子園)点差以上に競った試合だっただけに、勝敗を決めたのは4番の差でしょうね。エアポケットになっていた大山と、2ラン2発で流れを作ったビシエドは対照的でした。

 投手目線で言うと今の大山には怖さがない。威圧感もない。言い方は悪いけど、積み上げた実績もないし、状態もそれほどよくない。王(貞治)さんや長嶋(茂雄)さんは調子が悪いときでも対戦するときは嫌だった。実績がありますから。それが投手の心理です。

 今の大山なら、警戒してボールから入ることもないでしょう。七回に糸井を敬遠して満塁で大山で勝負したのも十分、分かります。逆にいえば、あそこで「なにくそ」って打っていれば、4番として成長したでしょうし、信頼もされたでしょう。だけど、勢いを完全に止めてしまいました。

 3番の糸井と勝負されないし、大山で攻撃が切れるから、勝負強い福留の前に走者を置けない。矢野監督も難しいでしょうが、大山は6番に置くのがいいのではないでしょうか。打線が打ててないから、4番にこだわる必要はないと思います。(サンケイスポーツ評論家)

試合結果へ