2019.4.13 05:00

【ダンカン】心を鬼にして…4番の差で負けたー!

【ダンカン】

心を鬼にして…4番の差で負けたー!

特集:
ダンカン 虎の通信簿

 (セ・リーグ、阪神4-9中日、1回戦、中日1勝、12日、甲子園)みんな、いいにくいだろうから、あえて俺が心を鬼にして愛のムチをバチーン! バチーン!! とさせて、いうのだ。

 4番の力の差で阪神は負けたー!! 中日の4番・ビシエドは2本塁打4打点。一方、虎の若き4番・大山は…。

 七回に打線が反撃。2点差に迫り、なお二、三塁の場面で3番・糸井が敬遠された。

 「メラメラ…。なめたまねをしてくれるやないか~。ムフフ…。4番の恐ろしさを見せたるわー!!」。カキーン!! と日本ハムの中田ならそーなっただろうが、大山は三ゴロで万事休す。で、途中でベンチに下げられるって…悔しくないんかァ!? クソー(涙)俺はそれでも大山派(他に誰がいるのだ?)だから悔しすぎるよー!!

 大山よ! この屈辱をバネに24時間、不眠不休でバットを振り、鬼の4番になったれー!!

 阪神のバッテリーも相手の4番に打たれすぎだろー!! 13試合で9アーチを浴びてたら勝てるかいな!! 1992年夏の甲子園の松井秀喜を思い出させる、全打席敬遠でもやったれよー!!

 あー、腹立つ。でも、近本の3安打と木浪のプロ初安打があったから、きょうはこのくらいにしといたるわ!!

試合結果へ