2019.4.11 19:09

東洋大・山田、逆転の立役者に「チームを勇気づける打撃をしたい」/東都

東洋大・山田、逆転の立役者に「チームを勇気づける打撃をしたい」/東都

 東都大学野球春季リーグ第1週第3日(11日、中大5-6東洋大、神宮)東洋大の1番山田が逆転の立役者となった。4-5の七回、右越えにリーグ初本塁打を放った。中大2番手、皆川の快速球の前に打線が三振を繰り返していた中での同点弾に「力に力でいくのではなく、振りすぎないようにコンパクトにいった。ようやくチームに貢献できた」と胸を張った。

 八回に山田への死球が押し出しの決勝点に。痛がりながらも喜びをあらわにした。2017年冬に投手から野手へ転向。「(打球を)飛ばすことには自信がある。1番打者としてチームを勇気づける打撃をしたい」と意欲的だった。

試合結果へ試合日程へ