2019.4.11 21:59

ロッテ・岩下、6回9K1失点も今季初白星ならず「立ち上がりが悪かった」

ロッテ・岩下、6回9K1失点も今季初白星ならず「立ち上がりが悪かった」

 (パ・リーグ、ロッテ1-2オリックス、2回戦、1勝1敗、11日、ゾゾマリン)「岩下の、しんしょ~が♪」ならぬ、岩下の奪三振ショーが光った。ロッテの5年目右腕・岩下大輝投手(22)がオリックス2回戦(ZOZOマリン)に先発し、6回3安打1失点。104球で降板し、白星こそつかなかったものの、9つの三振を奪う好投をみせた。

 「(三振は)たまたまです。立ち上がりが悪かったけど、ゲームをつくるという意味では、ある程度はいいピッチングができた」

 一回は3つの四球を与え、2死満塁のピンチを招いたが、6番・西野を二ゴロに打ち取り無失点。二回以降は危なげないピッチングで、五回に吉田正にソロを浴びたものの、オリックス打線を寄せつけなかった。最速155キロを誇るオリックス先発・山本にも負けない最速152キロをマークし、レベルの高い投手戦を演じた。

 「初回の球数がなければもう少し頑張れたと思うので、次は立ち上がりから二回以降のようなピッチングができるようにしたい」と次回登板を見据えた。

 岩下の登板時にネット上で『頑張れ岩下の新生姜』というファンの書き込みが急増することがきっかけとなり、今季から「岩下の新生姜」を販売する栃木県の岩下食品が球団の新オフィシャルスポンサーとなっている。

試合結果へ