2019.4.9 17:38

国学院大が立正大に逆転勝ちで勝ち点1/東都

国学院大が立正大に逆転勝ちで勝ち点1/東都

国学院大・吉村貢司郎投手は、立正大2回戦に先発した=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

国学院大・吉村貢司郎投手は、立正大2回戦に先発した=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球春季リーグ戦第1週第2日は9日、東京・神宮球場で行われ、第2試合は国学院大が4-2で立正大に逆転勝ちし、連勝で勝ち点1を挙げた。

 国学院大は1点を追った三回一死一、二塁で2番・小川龍成内野手(3年)の左中間三塁打で逆転、その小川は暴投で生還し、九回には4番・鎌仲純平外野手(4年)が中堅右にソロで追加点を挙げた。投げては、先発・吉村貢司郎投手(4年)-上出拓真投手(3年)の両右腕の継投で2失点に抑えた。

 国学院大・鳥山泰孝監督は、投打がかみ合っての勝利にも「継投にしているのは、投手陣全体がいいから。きょうの吉村も上出も予定どおり」と、笑顔を見せた。