2019.4.9 23:07

5点差逆転で甲子園開幕を飾った阪神・矢野「ガッツポーズも何回もしちゃいました」

5点差逆転で甲子園開幕を飾った阪神・矢野「ガッツポーズも何回もしちゃいました」

【プロ野球阪神対DeNA】8回、サイクルヒットを放った阪神・梅野隆太郎を出迎える阪神・矢野燿大監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)

【プロ野球阪神対DeNA】8回、サイクルヒットを放った阪神・梅野隆太郎を出迎える阪神・矢野燿大監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 阪神・矢野燿大監督は9日、本拠地甲子園での開幕戦となったDeNA戦を大逆転で飾り、興奮を隠せなかった。左足薬指を骨折しながらプレーする梅野のサイクル安打などで、最大5点差を跳ね返す粘りを見せ、甲子園での初勝利。

 「いやあ、忘れられない1勝になりそうですね、ハイ」と顔を上気させた。

 追い上げた七、八回の心境については「もう流れが来ていた。相手のミスはありましたけど、選手が本当に諦めないで、やってくれた結果だと思うんで。ガッツポーズも何回もしちゃいました」と話した。

 甲子園初勝利のウイニングボールは「どっか行っちゃいましたけど、そんなモノはいいですし、きょうも試合でタイガースファンのみなさんも喜んでくれたと思いますしね、本当にチームにとってもめちゃくちゃ大きな1勝になると思うので、うん、あの…最高です」と声をうわずらせた。

 梅野のサイクル安打については「僕もなかなかそこまで考えてる余裕はなかったんですけど。藤井コーチが『次ツーベース打ったらサイクルだ』って教えてくれたんでね。『よーし、行け行け!』ってベンチでもみんなで言ってたんですけど。本当に見事に打ってね。投打によく頑張ってくれたと思います。骨折しながら、自分が出るんだという意識の中で、しっかりやってくれている。頼もしく思ってますし、これからもやってくれると思います」などと話した。