2019.4.7 05:03(1/2ページ)

阪神・矢野監督、貧打に苦悩…虎ワースト更新の開幕8戦連続3点以下&1桁安打

阪神・矢野監督、貧打に苦悩…虎ワースト更新の開幕8戦連続3点以下&1桁安打

矢野監督はベンチで頭をかく。“切り替えて”では済まない事態だ(撮影・松永渉平)

矢野監督はベンチで頭をかく。“切り替えて”では済まない事態だ(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、広島10-3阪神、2回戦、1勝1敗、6日、マツダ)1つの勝ちも良薬にはならず、また貧打に泣かされた。打線組み替えも不発で、球団史上ワーストを更新する開幕から8試合連続3得点以下。記録的貧打に、矢野監督は厳しい表情を浮かべた。

 「毎日、毎日、気持ちを切り替えてという部分だけじゃないよ。今日の試合で切り替えて明日、頑張りましょうみたいな、そんな簡単な話をしているつもりはない」

 試合後、選手に切り替えてという話をしたのか? と問われ、ぶつけようのない怒りを押さえ込むように言葉を発した。

 こだわりを捨てて打線を組み替えた。オープン戦から2番に固定していたD1位・近本光司外野手(大阪ガス)を初めて1番で起用。「俺の中で考えはあるけど、それをみんなに言うことはできない。これからも何がいいか探す部分でもあると思うから」。2番として「理想的」とまで評したルーキーを動かしたが、うまくいかなかった。

 近本は2打数無安打で途中交代。2番・北條も5タコで、新1、2番コンビは機能しなかった。6番には前日に代打逆転2ランを放った中谷を起用したが、4打数無安打のうえ、守っては二回に打球の処理を焦り、先制点を献上する失策。投手陣は先発・岩貞が4回4失点と試合を作れず、流れを変えようと投入した2番手・藤川が2被弾3失点。接戦を制して連敗を止めた前夜がウソのような完敗ぶりだった。

【続きを読む】

  • 1回、先制されベンチでさえない表情の阪神・矢野監督=東京ドーム
  • 8回、通算1000打点を達成し花束を手にスタンドに一礼する阪神・福留=マツダスタジアム(撮影・門井聡)
  • 8回、通算1000打点を達成し花束を手にファンの声援に応える阪神・福留=マツダスタジアム(撮影・門井聡)
  • 阪神先発の岩貞=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 阪神・今季あゆみ