2019.4.7 17:55

【試合結果】DeNAvs巨人、広島vs阪神ほか/7日のプロ野球

【試合結果】

DeNAvs巨人、広島vs阪神ほか/7日のプロ野球

 プロ野球は7日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。


(セ・リーグ、DeNA5-1巨人、3回戦、DeNA2勝1敗、7日、横浜)

巨人に勝利し、タッチを交わすDeNAナイン=横浜スタジアム(撮影・福島範和)

 DeNAが快勝した。二回に大和の2点二塁打で先制し、三回には筒香の適時打で加点。1点を返された五回にソトの適時打などで2点を奪った。井納は5回1失点で今季初勝利。巨人は投打に精彩を欠き、今季初の2連敗を喫した。

試合結果へ


(セ・リーグ、ヤクルト1-3中日、3回戦、ヤクルト2勝1敗、7日、神宮)

京田からウイニングボールをもらい笑顔を見せる中日・柳(左)=神宮球場(撮影・大橋純人)

 中日の柳が8回3安打1失点で今季初勝利を挙げ、チームの連敗を2で止めた。鈴木博が3セーブ目。打線は四回にアルモンテが2号2ラン、五回も堂上が1号ソロで援護した。ヤクルトはわずか4安打で、反撃も雄平のソロのみ。

試合結果へ


(セ・リーグ、広島0-9阪神、3回戦、阪神2勝1敗、7日、マツダ)

試合後、完封で移籍後初勝利の西と記念撮影する阪神・矢野監督=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)

 阪神は西が移籍後初勝利を2年ぶりの完封で飾った。小気味いい投球で散発の6安打に抑え、ともに今季最多の13安打9得点の援護を引き出した。糸原が先制打を含む3安打。九里が粘れなかった広島は一回の逸機も痛く、初の零敗。

試合結果へ


(パ・リーグ、ソフトバンク11-1ロッテ、3回戦、ロッテ2勝1敗、7日、ヤフオクD)

本塁打を放つソフトバンク・デスパイネ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

 ソフトバンクが7本塁打で大勝した。一回に柳田の4号2ランで先制し、三回にデスパイネの1号3ランなどで4点を追加。八回には4本塁打が飛び出した。高橋礼は7回1失点で2勝目。ロッテは今季最多の11失点と投手陣が崩れた。

試合結果へ


(パ・リーグ、日本ハム2-4西武、3回戦、西武2勝1敗、7日、東京D)

9回、逆転の3点本塁打を放ち、愛斗と森(右)に出迎えられる西武・外崎=東京ドーム (撮影・中井誠)

 西武は0-2の九回、森の適時打で1点差とし、続く外崎の2号3ランで逆転した。高橋光が8回2失点で今季初勝利。増田が今季初セーブを挙げた。日本ハムは有原が8回無失点と好投したが、ハンコックが誤算だった。

試合結果へ


(パ・リーグ、オリックス5-5楽天=延長十二回規定により引き分け、3回戦、オリックス2勝1分、7日、京セラ)

9回 オリックス・西浦の盗塁を阻止し、ベンチで迎えられる楽天・銀次=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)

 楽天が土壇場で追い付き、延長十二回で引き分けた。2-5の九回に田中の適時内野安打で1点を返し、2死一、二塁から浅村、島内の2者連続適時打で同点とした。オリックスは増井が誤算。打線も五回以降は1安打に抑え込まれた。

試合結果へ