2019.4.6 19:45

筑波大、桜美林大に先勝 佐藤が3安打完封/首都大学

筑波大、桜美林大に先勝 佐藤が3安打完封/首都大学

 首都大学野球春季リーグ戦が6日、神奈川・平塚市のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで開幕。第3試合は両先発投手の投げ合いとなったが、筑波大が桜美林大を1-0で下し、先勝した。七回1死一、三塁で、9番・高瀬将太郎捕手(4年)が一塁前にスクイズ(記録は内野安打)を決めた。

 3安打完封勝利を飾った左腕・佐藤隼輔投手(2年)は「アドレナリンが出ていて、もともと(最後まで)行くつもりで準備はできていた。イニング(数)は考えていないが、ゼロで抑えたことはよかった」と笑顔。リーグ戦で連続34イニング無失点となった。

 一方の桜美林大の右腕・松葉行人投手(3年)は6安打12奪三振の好投も、「スピードより切れを考えて投げて、打ちとった感じはしていた。今度は失点をしないようにしたい」と前を向いた。