2019.4.6 13:52

1月に腰の手術を受けた日本ハム・清水が1軍戦試合前の東京ドームへ「早く戻りたい」

1月に腰の手術を受けた日本ハム・清水が1軍戦試合前の東京ドームへ「早く戻りたい」

 今年1月に「腰椎椎間板ヘルニアおよび嚢腫の手術(PED法)」を受け、2軍で調整中の日本ハム・清水優心捕手(22)が6日、日本ハム対西武2回戦(東京ドーム)の試合前練習に姿をみせた。

 プロ4年目の昨季に1軍定着。チーム一の71試合にスタメンでマスクをかぶった背番号10は、栗山英樹監督(57)らにあいさつして回復の経過を報告した。

 4月13日のイースタン・リーグ、ロッテ戦(鎌ケ谷)で実戦復帰する予定。「できることをしっかりやって、早く(1軍に)戻りたいです」と2軍戦で試合感覚を取り戻すなどして、4月下旬か5月上旬の今季初昇格を目指す。