2019.4.4 05:02(1/2ページ)

阪神・大山、あぁ悪球三振でブレーキ…Gに連敗「自分のせい」

阪神・大山、あぁ悪球三振でブレーキ…Gに連敗「自分のせい」

八回のチャンスに空振り三振に倒れた大山(撮影・今野顕)

八回のチャンスに空振り三振に倒れた大山(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人6-3阪神、2回戦、巨人2勝、3日、東京D)4番の重圧か、責任感か-。好機で打席が回ってきても一本が打てなかった大山は試合後、悔しさを押し殺しながら、自らの結果に反省した。

 「あの流れで打てなかったというのが…。そういう大事なところ(4番)を任せてもらっている自分のせいです」

 四回、1死からD1位・近本光司外野手(大阪ガス)が相手の失策で出塁。続く糸井が右前打でつなぎ、一、三塁で迎えたが、メルセデスの真ん中の直球を打ち損じて右飛に。犠飛にもならず、次の福留も凡退して無得点に終わった。

【続きを読む】

  • 8回、好機で三振に倒れた大山と渋い表情の阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 8回、三振に倒れる阪神・大山=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 阪神・大山の5試合アットバット